岡本大輔

岡本大輔

岡本大輔の描き出し「OKAINA IMAGE」は、有機物の複雑で生物的な物語の中の生活のサイクルを調査します。SF、日本のナショナリズム、サイケデリック文化の影響を受けます。岡本の絵はペンマンシップの複雑なシステムです。東京で育ち、現在はロサンゼルスに住み、働いている岡本は、アイデンティティとトランスフォーメーションの両方でハイブリッドのアイデアを表しています。マーク作りへの情熱を持って描かれた岡本は、インクで繰り返し線を描き、1つの図面を作成するのに何年もかかることがあります。