カワイイスクール

カワイイスクール

🌸かわいい歴史の中で学んでください!🌸

1970年代に登場した、新しい文体の一環としての日本文化の可愛さの高まり。 多くの10代の少女は、横書きの鉛筆を使って書き始めました。これらの鉛筆は、太さがさまざまで垂直であった伝統的な日本語の文章とは異なり、非常に細い線を生成しました。 また、女の子は大きく丸い文字で書き込み、ハート、星、顔文字の顔、ラテン系のアルファベットの文字などの小さな写真を書きました。

これらの写真はランダムに挿入され、文章が読みにくくなります。その結果、この書体は多くの論争を引き起こし、多くの学校で禁止されました。 ただし、1980年代には、この新しい「かわいい」文章が雑誌やコミックに採用され、パッケージや広告に採用されました。