浮世絵とは何ですか?

浮世絵は江戸時代に日本で非常に人気のある芸術形態であり、日本の芸術と文化の中でも消えない部分となった

浮世絵または 浮世絵 (上の絵現在も現代の形で存在する「浮動世界の絵」は、17世紀から19世紀にかけて日本で栄えました。これらの版画や絵画は、自然景観、歴史的出来事や民話の風景、悪魔、女性の美しさ、歌舞伎役者や力士などの有名人など、幅広いテーマを描いています。伝説や民話に基づく本当に奇妙な作品や、美しく牧歌的な風景があります。作品の非常に多くは、文脈が理解されるにつれて、より多くを明らかにする広範な物語や背景を持っています。

芸術運動は、政府の議席を先取りし、その後の急速な成長の恩恵を受けた商人階級の経済力の高まりを反映したものとして起こった。実際、浮世世という言葉は、この新しい富と都市化に伴う当時の贅沢なライフスタイルを表すようになりました。

17世紀後半には、浮世世を反映した版画や絵画が登場し、商人階級に人気を博し、それまでに家を飾る余裕がありました。明治維新時代の日本の急速な近代化は、浮世絵を急激に衰退させたが、日本の芸術の最も永続的な作品の一部が作られる前ではなかった。のようなプリント 神奈川沖の大波 マスターアーティストの葛飾北斎とシリーズのシーン 東海道の53駅 歌川博重は、19世紀後半に西洋の日本美術に対する認識を形作り、現在でも最も有名な日本美術の一部であり続けています。

興味深いことに、最後の木版画は1人のアーティストの作品ではありませんでした。むしろ、アーティストは印刷物をデザインし、彫刻家は印刷用の木版画を作成し、最後にプリンタは木版をインクして紙に押し付け、最終製品を作成します。浮世絵は特殊で手作りで、当時の機械では作り出せない色彩やブレンドなどの効果を実現することができました。

版画は20世紀初頭に復活し、西洋の関心の高まりに支えられ、コラボレーションプロセスから一人の人によって設計、彫刻、印刷に移行しました。西洋との関係は、現代の日本の版画に組み込まれ、使用されている輸入技術の導入も見ました。

大木広重浮世絵金魚天国浮世絵海堂浮世